一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会

理事紹介

山岡氏画像

山岡 憲夫

  大分市のやまおか在宅クリニックの山岡憲夫です。


【はじめに】

  長崎大学出身で、胸部外科医として20年以上手術した後、医師としての生き方を180度変換し、治療で治らなくなった末期患者の緩和ケア医を目指しました。独立型ホスピス病院の院長を経て、平成21年7月に大分市中心地に在宅医療・在宅緩和ケア専門に"やまおか在宅クリニック"開院しました。

  "安心と安らぎを与える在宅医療"を目指すことを目標に

  "大分市全体をホスピスに!"を合言葉に、以下の3つを基本理念としました。


  1) 苦しんでいる人、困っている人のために働く

  2) どなたでも、だれからの依頼を断らない

  3) いつでも(24時間365日)訪問診療し、責任を持って最後まで看ます。


【治療実績】:

  開院後4年間に842例の訪問診療を行い、年間約4000件の往診や訪問診療を行っています。この4年間に441例在宅看取りを行い、うちがん患者354例でありました。 昨年1年間は141名看取り、うち116名が末期がん患者の在宅看取りでした。毎年、100名以上の患者を在宅で看取っています。常時30名以上の末期がん患者を大分市で見ています。


【終わりに】

  家に帰りたい人が安心して帰れる住みやすい街を作ることを目標に、多職種と手を取り合って、地域の在宅医療の発展に尽力したいと思っています。 よろしくお願いします。