一般社団法人 全国在宅療養支援医協会

理事紹介

土橋氏画像

土橋 正彦

≪監事就任のご挨拶≫

この度、全国在宅療養支援医協会の監事に就任しました市川市で診療所を開設しております土橋と申します。何卒、よろしくお願いいたします。

約30年前に父の後継として現在の診療所を開設しましたが、当初から、患者さんから訪問診療の依頼があれば、出来るだけお受けしたいと思って診療しておりました。これは、私にとっては、何の疑問もない、自然な選択であったと思います。
子供の頃、小学校の校医でもある近所の開業医の先生が、自転車に診療鞄を載せて往診をされている風景をよく見掛けていました。私自身も身体の具合が悪いときは、父の友人でもある近所の医師に診察してもらうことがしばしばあり、子供にとっても在宅医療はごく普通の日常の風景でありました。

一方、時代が変わり、病院での医療が主体となり、在宅看取りも少なくなってきました。
しかし、新たな時代を迎え、在宅医療も様々な職種と連携し、質の高い医療として生まれ変わろうとしています。協会の一員として皆様と共に、良質な在宅医療が文化として醸成されることを願っております。