一般社団法人 全国在宅療養支援医協会

理事紹介

鈴木邦彦氏画像

鈴木 邦彦

≪ご挨拶≫

この度は、一般社団法人全国在宅療養支援医協会の発足、誠におめでとうございます。
私は日医常任理事として医療保険や介護保険とともに在宅医療も担当させていただき、日医かかりつけ医機能研修制度や、退任後に設立された日本地域包括ケア学会にも関わらせていただきました。
現在、私は四病協の在宅療養支援病院に関する委員会の委員長を務めさせていただいておりますが、サ高住や住宅型有老の大幅な増加や医療プラス生活の場である介護医療院の創設により、在宅医療と入院医療の境界は曖昧となって来ていることから、両者を対立的に捉えるのではなく、従来の在宅医とともに多くのかかりつけ医や中小病院の医師も参加して、外来医療を含めて、地域の中で必要に応じて使い分けられるようになるのがよいと考えています。
当協会が、わが国の在宅医療のさらなる発展に向けて、大きく貢献されることを心から期待しています。

                   医療法人 博仁会 志村大宮病院理事長・院長  鈴木邦彦