一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会

理事紹介

鈴木氏画像

副会長 鈴木 央

 副会長を拝命した鈴木と申します。

 私は、午前午後に外来診療を行なう普通の内科診療所の医師です。東京の大田区で仕事をしています。患者さんからのニーズに応じて在宅診療を行なうようになり、気づいたときには、在宅医療にすっかり魅了されてしまいました。

 ここには、医療の原点があるように思います。医師と患者、家族の信頼関係。世代を通して存在する医師と家族とのつながり。困難な時を医師と患者と家族が協力して乗り切る姿。効率性を重視し死を避ける医療を目指したあまりに、現在の病院医療が失いかけているものです。

 在宅医療を新しい医療と捉える仲間もいます。しかし、私は在宅医療を古くから存在する当たり前の医療と考えています。歩けるうちは近くの診療所に通い、歩けなくなれば在宅医療を受ける。やがて家族に囲まれて、その最期を迎える。最も自然な形の医療ではないでしょうか。これを支える存在が地域における主治医という存在であり、かかりつけ医、家庭医、プライマリ・ケア医と呼ばれるものではないかと考えています。


 残念ながら、このような医療は日本においては決してメジャーな医療ではなくなってしまいました。もちろん医療側の問題以外にも、社会的な問題の影響が大きいことは承知しているつもりです。しかし、そのような医療が可能な社会的環境を持っていても、それを生かすことができないケースも決して少なくないと考えています。それは主治医の機能を十分に活用することができなかったケースではなかったのではないでしょうか。

 このような医療は確かに簡単なことではありません。相当な努力が必要かもしれません。しかし、がんばったあとは、少しだけ気分がよくなります。医師としての自分の存在意義が少しわかってきたような気にさえなるのです。

 こんな気分を今まで在宅医療を知らなかった皆さんにも味わっていただきたい。私はそのように願っています。