一般社団法人 全国在宅療養支援医協会

理事紹介

島田氏画像

島田 潔

このたび、事務局次長を担当することになりました島田潔です。
私自身は、東京都老人医療センター(現 東京都健康長寿医療センター)勤務の際に、退院後の通院が難しい患者さん達の存在を知りました。「自宅に医療を届けなければ、」と思い、平成8年に東京都板橋区で診療所を開院しました。当初は、訪問看護ステーションやケアマネ/ヘルパー事業所、通所施設などを開設しましたが、現在は守備範囲を「医療を届ける」に原点回帰し、地元の病院/事業所との連携による「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。
2006年に厚労省の依頼で「在宅療養支援診療所」の考案に携わりましたが、在宅医療の推進と発展のためには、病院医師、勤務医、一般診療所医師など在宅医療に関わる全ての医師が力を合わせる必要があると感じています。「全国在宅療養支援医協会」の活動を通じて、在宅医療の浸透と発展に尽くしたいと思います。よろしくお願い申し上げます。