一般社団法人 全国在宅療養支援医協会

理事紹介

小笠原氏画像

斎藤 忠雄

このたびは全国在宅療養支援医協会(在支協)代議員(新潟県)にご推薦いただきありがとうございます。
病院医療から地域完結型医療・ケアが求められるいま、高齢化に伴う疾患だけでなくがん等の終末期へも対応しなければなりません。
ただし、新潟県は全国的にも広大な面積を有し地域差がみられるのが特徴です。そのため、地域の病院をも在宅ケアのメンバーとして、連携さらにその先の協働が必要になります。
医学・病院医療、在宅医学・在宅医療、それらは地域の介護資源とも一緒になり『在宅ケア』という上位概念に包括されます。
さらに、その在宅ケアは『患者さんがいかに幸せであったか』という最上位概念を実現するための活動であると信じます。
全国在支協が地域の医療介護資源の実践者であるとともにリンクワーカーとなるよう努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。