一般社団法人 全国在宅療養支援医協会

理事紹介

現在のページ:3ページ目(全3ページ) 地区順

代議員 雨森 正記

在宅医療の普及と質の向上を

在宅医療の普及と質の向上に尽力したいと思っております。
よろしくお願いいたします

雨森 正記  医療法人社団 弓削メディカルクリニック (滋賀)

石賀氏画像

代議員 石賀 丈士

医療従事者の疲弊を防ぎ、地域医療の質の向上につながる「四日市モデル」を全国へ

三重県四日市市に2009年7月、在宅緩和ケアを中心とした「いしが在宅ケアクリニック」を開設しました。
当院では常勤医7名体制で毎年300名以上の在宅看取りを担っています。
また四日市では当院と医師会かかりつけ医がうまく分業・すみ分けを行うことで急速に在宅医療と在宅看取りを進めてきました。>>続きはこちら

石賀 丈士  医療法人SIRIUS いしが在宅ケアクリニック (三重)

代議員 寺崎 豊博

和顔愛語 多職種の意見を尊重する

奈良県奈良市"ならまち"で寺崎クリニックwww.terasaki-clinic.comを2006年より継承開院しております。
一般診療所で朝夕に外来診療を行い、在宅患者様は午後から60名ほど拝見しています。在宅は寺崎クリニックの患者様の介護申請を、ケアマネージャーさんにお願いしたところ次々と患者様、ケアマネージャーさんの紹介を受け続けたことに始まりました。国の地域包括ケアシステムが策定され、超高齢社会において在宅医療が必要不可欠なソーシャルサービスとなったことと時を同じくします。 >>続きはこちら

寺崎 豊博  医療法人 寺崎クリニック (奈良)

代議員 辻 毅嗣

オンラインの利点を生かしたネットワーク作り

朝晩の外来診療の合間の午後に、大阪豊中市で在宅訪問診療を行なっております。奈良県で心臓血管外科医として大学病院に勤務の後、義父のクリニックを継承いたしました。クリニック継承前の一年間、大阪北摂の医療を学ぶため地元の救急病院で内科勤務医を務めたことが、地域での在宅医療の重要性に気づくきっかけとなりました。当初は何もわからない状態から、豊中市の多職種連携の会「虹ねっと」でのグループワークに出席したことで多くのケアマネージャーや訪問看護ステーション、地域の在宅医療を担う先生、薬剤師の方と顔の見える関係を築いていくことができました。 >>続きはこちら

辻 毅嗣  医療法人正幸会 つじクリニック (大阪)

代議員 多屋 光康

Coming Soon

多屋 光康  多屋クリニック (和歌山)

代議員 原 秀憲

Coming Soon

原 秀憲  はらクリニック (兵庫)

三宅氏画像

代議員 三宅 敬二郎

香川の在宅医療の礎を築きたい

うどん県、高松市で在宅診療専門クリニックを開設しています。開業前は外科医として勤務する傍ら訪問診療も行っていましたが、二足の草鞋に限界を感じ平成19年9月に開院しました。

  • ・個々の患者様に適した在宅医療を提供します
  • ・患者様、ご家族の身体的・精神的安らぎを支援します
  • ・連携を大切に地域と時代のニーズに応えるクリニックを目指します >>続きはこちら

三宅 敬二郎  在宅診療 敬二郎クリニック (香川)

吉田氏画像

代議員 吉田 大介

「暮らし慣れたご自宅で、よりよく生きる」という理念を大切に

徳島往診クリニックの吉田大介と申します。

私は在宅医療に関わって10年余りとなります。開院当初は、「在宅医療って何科ですか?」とか「在宅医療って何が出来るんですか?」といった質問をたくさん受けていましたが、まさに10年一昔で、今は隔世の感があります。

地元では、多職種からなる「在宅緩和ケアネットワークとくしま」の皆さんに支えられながら、各種勉強会・市民フォーラムを開催しています。>>続きはこちら

吉田大介  医療法人 徳島往診クリニック(徳島)

代議員 伊与木 増喜

県独自の各地域に見合った包括ケアシステム構築を模索

診療所を開設してちょうど20年となります。外科医から転身し外来診療と訪問診療を行なっています。また、医師会では高知市医師会理事・高知県医師会常任理事として包括ケアシステム・在宅医療等を担当し、10年程お手伝いさせていただいています。>>続きはこちら

伊与木 増喜  伊与木クリニック (高知)

伊藤氏画像

代議員 伊藤 大樹

ホーム・ベースト・プライマリ・ケアとしての在宅医療を広めたい

福岡市東区あおばクリニックの伊藤大樹 (いとうひろき)です。大学卒業後は沖縄県で初期・後期研修を行い、その後渡米しました。米国では臨床研修医そしてスタッフとして実際に患者さんの診療を行っていましたが、長年当院が行なってきた地域での医療活動を継承・発展させようと思いたち、2012年に帰国しました。
>>続きはこちら

伊藤 大樹  医療法人 あおばクリニック (福岡)

代議員 満岡 聰

医師たちと多業種の連携が地域のコミュニティを変える

佐賀県佐賀市のはずれの満岡内科消化器科医院を開業している満岡です。2000年に開業しました。

当初はプライマリケアに加えて消化管、肝臓の專門医療を提供するというコンセプトでしたが、在宅ホスピスが好きで、少しずつ在宅の看取りを行ってきました。

外来のかたわら、3時間の昼休みの間に在宅を行っています。>>続きはこちら

満岡 聰  医療法人 満岡内科クリニック (佐賀)


白髭氏画像

代議員 白髭 豊

在宅医療の拡充に尽力

1995年に長崎市で診療所を継承開業し、現在、在宅療養支援診療所(強化型 連携型)として在宅医療を含めたプライマリ・ケアを実践しております。在宅医療の連携システム「長崎在宅Dr.ネット」を2003年に結成した当初から、事務局長として、運営を担ってまいりました。2008年度から始まった、厚労科研 がん対策のための戦略研究「緩和ケア普及のための地域プロジェクト(OPTIM)」では、長崎地域のプロジェクトリーダーを務めました。>>続きはこちら

白髭 豊  白髭内科医院 (長崎)

代議員 安中 正和

開業医の相互サポートがあったからこそ

長崎市内で開業しております安中と申します。 2005年11月に実父が急逝したため急遽開業することになりました。
長崎市には長崎在宅ドクターネットというグループがあり、開業当初より入会して、在宅医療に携わることができました。開業医がお互いをサポートしあう仕組みがあったので、周りの助けによってここまでこれたと思っております。今後も様々なことにチャレンジしたいと思っております。

安中 正和  医療法人 安中外科・脳神経外科医院 (長崎)

代議員 田島 和周

熊本在宅ドクターネットの運営にも携わる

平成元年に医師になり、2000年に開業しました。午前と夕方に外来診療を行い、その間"午後から地域へ"出かけています。近くの山下内科医院、慶徳加来病院と連携し、"強化型在宅療養支援診療所"として、20名前後の患者さんのお宅にお伺いしています。>>続きはこちら

田島 和周  田島医院 (熊本)

山岡氏画像

代議員 山岡 憲夫

家に帰りたい人が安心して帰れる住みやすい街を

大分市のやまおか在宅クリニックの山岡憲夫です。

長崎大学出身で、胸部外科医として20年以上手術した後、医師としての生き方を180度変換し、治療で治らなくなった末期患者の緩和ケア医を目指しました。独立型ホスピス病院の院長を経て、平成21年7月に大分市中心地に在宅医療・在宅緩和ケア専門に「やまおか在宅クリニック」を開院しました。>>続きはこちら

山岡 憲夫  医療法人カーサミア やまおか在宅クリニック (大分)

國枝氏画像

代議員 國枝 良行

「在宅緩和医療」が当たり前になる時代

宮崎県宮崎市に平成26年に開業しました。内科・外科・精神科の診療所です。平成28年からは在宅療養支援病院と連携し、強化型在宅支援診療所となりました。
元々は消化器外科の出身ですが、専門は緩和医療です。特にサイコオンコロジーに興味があり、精神科でも修行しました。「在宅緩和医療」をライフワークとしています。
昨年度からは宮崎市郡医師会在宅医会(宮崎在宅ドクターネット)の理事になりました。若輩者ですがよろしくお願い申し上げます。

國枝 良行  医療法人サクラ会 あけぼの診療所 (宮崎)

泰川氏画像

代議員 泰川 恵吾

宮古島と鎌倉とで活躍

沖縄の宮古島と神奈川の鎌倉で、日々在宅療養支援診療所を運営しているDr.GONです。離島と都市部の違いと共通点が、いつも新鮮で楽しく仕事をしています。

宮古島ではジェットスキーや船舶を使い、鎌倉ではオートバイも使って訪問診療しています。

泰川 恵吾  医療法人鳥伝白川会 ドクターゴン診療所 (沖縄)