一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会

理事紹介

現在のページ:3ページ目(全3ページ) 50音順
二ノ坂氏画像

二ノ坂 保喜

「支えるケアとしての在宅ケア」5 つの柱

 福岡市にのさかクリニックの二ノ坂 保喜です。

 長崎出身、長崎大学を卒業後、外科、救急の研修、地域医療の実践を経て、96年現在のにのさかクリニックを開業しました。

 長崎県の僻地で地域医療の取り組む中で、在宅医療、生活を支える医療の重要性を知り、88年福岡での勤務医時代から、在宅医療に取り組み始めました。>>続きはこちら

二ノ坂 保喜  にのさかクリニック (福岡)

英氏画像

英 裕雄

『一人暮らしでも安心して療養できる町・新宿』作りを目指す

 これまで私は新宿区を中心に高度在宅医療が誰にとっても無理なく継続ができる診療体制作りを心がけてまいりました。

 思い起こすと平成8年10月に当時東京でもまだ珍しかった在宅医療専門のクリニックである曙橋内科クリニックを開設しました。私自身当時在宅診療とは何なのか手探りをしている状況でしたが、その後徐々に陣容も大きくなり、医療法人社団曙光会へと改組し、落合・代官山にクリニックの展開をしつつ在宅医療専門医療機関の礎を築きました。>>続きはこちら

英 裕雄  新宿ヒロクリニック (東京)

平原氏画像

平原 佐斗司

ライフワークとしての在宅医療

 私は、卒後すぐ出身大学の消化器内科に入局し、数年後東京で呼吸器内科に入局しました。病棟で消化器癌や肺癌などの進行がんの方に関わる中で、いつしかがんの方が自宅に帰るために役立つ仕事(在宅ホスピス)をしたいと思うようになり、1992年から現在の診療所で在宅医療を始めました。当時テキストもなく、指導医もなく、全く手探り状態で在宅医療を始めましたが、1994年に佐藤智先生の「在宅医学を確立しよう」というよびかけで「在宅医療を推進する医師の会」が創られ、そこに参加しました。>>続きはこちら

平原 佐斗司  梶原診療所 (東京)

紅谷 浩之

Coming Soon

紅谷 浩之  オレンジホームケアクリニック (福井)

前川氏画像

前川 裕

往診に出かける父の背中を見て育ちました

  皆様初めまして。富山の前川裕(ゆたか)と申します。

  小生は開業医2世です。子供の頃は往診に出かける父の背中をみながら育ちました。自宅で逝くのが当たり前の1970年代前半までの時代です。そんな環境で育ち、医者になり、父の後を継いて23年が経過しました。>>続きはこちら

前川 裕  前川クリニック (富山)

満岡 聰

医師たちと多業種の連携が地域のコミュニティを変える

  佐賀県佐賀市のはずれの満岡内科消化器科医院を開業している満岡です。 2000年に開業しました。

  当初はプライマリケアに加えて消化管、肝臓の專門医療を提供するというコンセプトでしたが、在宅ホスピスが好きで、少しずつ在宅の看取りを行ってきました。

  外来のかたわら、3時間の昼休みの間に在宅を行っています。>>続きはこちら

満岡 聰  満岡内科消化器科医院 (佐賀)

三宅氏画像

三宅 敬二郎

香川の在宅医療の礎を築きたい

 うどん県、高松市で在宅診療専門クリニックを開設しています。 開業前は外科医として勤務する傍ら訪問診療も行っていましたが、 二足の草鞋に限界を感じ平成19年9月に開院しました。

  • ・個々の患者様に適した在宅医療を提供します
  • ・患者様、ご家族の身体的・精神的安らぎを支援します
  • ・連携を大切に地域と時代のニーズに応えるクリニックを目指します >>続きはこちら

三宅 敬二郎  在宅診療 敬二郎クリニック (香川)

宮坂氏画像

宮坂 圭一

1991年より在宅医療を始める

 在宅医療、療養および在宅サービスの比較 (当医院の1998年と2008年)

 宮坂医院:宮坂圭一、山本美和、金子江理子、有賀忍、新海由貴子、保科典子、山岡友美・諏訪赤十字訪問看護ステーションスタッフ

 当医院では、在宅医療、療養およびケアを1991年より開始。今回は、介護保険前と8年後を比較し、介護保険導入による変化をみた。>>続きはこちら

宮坂 圭一  宮坂医院 (長野)

泰川氏画像

泰川 恵吾

宮古島と鎌倉とで活躍

 沖縄の宮古島と神奈川の鎌倉で、日々在宅療養支援診療所を運営しているDr.GONです。離島と都市部の違いと共通点が、いつも新鮮で楽しく仕事をしています。

 宮古島ではジェットスキーや船舶を使い、鎌倉ではオートバイも使って訪問診療しています。

泰川 恵吾  ドクターゴン診療所 (沖縄)

安中 正和

Coming Soon

安中 正和  安中外科脳神経外科医院 (長崎)

山岡氏画像

山岡 憲夫

家に帰りたい人が安心して帰れる住みやすい街を

  大分市のやまおか在宅クリニックの山岡憲夫です。

 長崎大学出身で、胸部外科医として20年以上手術した後、医師としての生き方を180度変換し、治療で治らなくなった末期患者の緩和ケア医を目指しました。独立型ホスピス病院の院長を経て、平成21年7月に大分市中心地に在宅医療・在宅緩和ケア専門に"やまおか在宅クリニック"開院しました。>>続きはこちら

山岡 憲夫  やまおか在宅クリニック (大分)

大和 太郎

Coming Soon

大和 太郎  やまと@ホームクリニック (石川)

湯澤 俊

Coming Soon

湯澤 俊  湯澤医院 (埼玉)

吉田氏画像

吉田 大介

「暮らし慣れたご自宅で、よりよく生きる」という理念を大切に

 徳島往診クリニックの吉田大介と申します。

 私は在宅医療に関わって10年余りとなります。開院当初は、「在宅医療って何科ですか?」とか「在宅医療って何が出来るんですか?」といった質問をたくさん受けていましたが、まさに10年一昔で、今は隔世の感があります。

 地元では、多職種からなる「在宅緩和ケアネットワークとくしま」の皆さんに支えられながら、各種勉強会・市民フォーラムを開催しています。>>続きはこちら

吉田大介  徳島往診クリニック(徳島)

岩本氏画像

事務局
岩本 佳代子

生活に密着した医療こそ、人生を豊かに過ごす手助けに

 事務局を担当させて頂いております、岩本佳代子です。

 私は、管理栄養士として訪問栄養食事指導を行ったのが初めての在宅医療との出会いでした。在宅医療との出会いで、本来あるべき姿の医療現場を見た気がしました。入院中に栄養管理されていても、退院後の自宅での食事がどれほど重要かは、言うまでもありませんが、全くというほど気にも留められていませんでした。>>続きはこちら

事務局 岩本 佳代子  在宅療養支援診療所連絡会