一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会

理事紹介

大石氏画像

大石 明宣

小児から高齢者まで、重度の障害があっても、医療依存度が高くても、安心して暮らせる医療・介護・福祉のトータルケアサービスを実現します。


 これが信愛グループ(http://www.shinaikai1936med.or.jp/)の理念です。
 昭和61年、脳梗塞のため休診状態になっていた妻の祖父の診療所である佐藤医院を継ぎ、外来の合間に往診を始めました。当時、携帯電話はなく、ポケットベルで対応する日々で、ベルが鳴ると電話を探して様子を確認し、往診していました。

 平成元年から訪問看護を無償(平成4年に診療報酬化)で開始し、平成3年には佐藤医院から医療法人信愛会大石医院に改組し、平成9年に12年間在宅療養していた祖父が死去したため、私が理事長となりました。当時、介護は措置の時代で、往診だけでは対応できないジレンマを感じていました。平成10年に訪問看護ステーションを開設、平成11年には複数医師による24時間連絡体制と祝日・年末年始も外来と訪問診療する体制を築きました。この時点で平成18年に始まった在宅療養支援診療所の要件を満たしていたのです。

 平成12年に始まった介護保険に期待しましたが、医療依存度の高い方(癌末期、気管切開、人工呼吸器装着等)や障がい者でも特に超重症児やALS等の難病、遷延性意識障害や四肢麻痺の方々に対する施設介護サービスが欠如していることに気づきました。医療依存度の高い方に対する「在宅ケアを支援する施設ケア」の重要性を強く認識し、平成17年、社会福祉法人明世会の設立に至りました。その後、信愛会と明世会が協力し、「ことわらない」という理念の浸透と在宅ケアと施設ケアの充実を図ってきました。

 近年、医療機器の進歩により、超重症児が在宅療養できるようになりました。その主介護者である母親のレスパイトのため、平成22年6月から超重症児・者日中預かりを無償で始めました。平成23年には豊川市障がい児・者医療的ケア日中一時支援事業の指定を受け、その後、近隣市の指定も受け、平成28年8月からは週7日体制で運営しています。

 平成28年1月、第2診療所である「しんあいクリニック」を中心とした在宅医療の拠点である「在宅総合ケアセンターマチニワ」を開設しました。

 平成29年7月、医療型障害児入所施設(旧重症心身障害児施設)である信愛医療療育センターを開設しました。2病棟64床の病院(障害者病棟)であり、医療型障害児入所施設、療養介護施設でもあります。ALS等気管切開を伴う人工呼吸器を装着している方や筋ジストロフィーの方も入所でき、短期入所も一定の条件を満たす方は利用できます。多機能事業所(児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイ、生活介護)や医療的ケアを伴う日中一時支援も併設します。病院ですから外来はもちろん、リハビリテーション、小児訪問診療にも力を入れて、強化型在宅療養支援病院を目指しています。

 在宅医療を始めて早いもので31年が経ちました。一診療所の医師として、目の前にある課題をひとつずつ解決するべく、多くの仲間と一緒に活動をしてきました。今後も引き続き、どんなに医療依存度が高くてもことわらない「在宅ケアとそれを支える施設ケア」の充実を推進し、そのために法や制度の隙間を埋める活動をこれからも行っていきます。