一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会

理事紹介

永井氏画像

永井 康徳

 在宅医療はこれまで大都市から普及していく傾向にあり、地方や僻地では、地域医療の疲弊と相まって、多くの地域が在宅医療が未開拓の地域となっています。今後、大都市で起こってくる団塊世代の高齢化により、高齢者や要介護者の療養場所がなくなる医療クライシス、地方での地域医療や救急医療の疲弊、僻地の無医地区化、被災地の医療復興などを解決していくためには、すべての地域で在宅医療が鍵となるのではないかと考えています。

 多死社会を迎え、様々な困難な課題の解決の鍵となる在宅医療をさらに普及させるため、医療従事者だけでなく、一般の方にもわかりやすく伝えていく様々な工夫が必要だと考え、自分たちにできることを一つ一つ実行していきたいと考えています。皆様と協力して、一歩でも前に進んでいけるよう努力していきたいと考えています。どうかよろしくお願い申し上げます。