一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会

理事紹介

伊藤氏画像

伊藤 大樹

 福岡市東区あおばクリニックの伊藤大樹です。
 大学卒業後は沖縄県で初期・後期研修を行い、その後渡米しました。米国では臨床研修医そしてスタッフとして実際に患者さんの診療を行っていましたが、長年当院が行なってきた地域での医療活動を継承・発展させようと思いたち、2012年に帰国しました。

 日本では少子高齢化が進み、在宅医療が注目されています。在宅医療を慢性期や回復期患者さんの単なる受け皿としてではなく、「患者中心 Patient-centered」で「地域完結型 Community-based」のプライマリーケアを提供する一手段としてとらえることが大切だと私は考えます。そして、在宅医療の発展のためには「標準化」が必要です。

 そんな岐路に立つ日本の在宅医療に係ることを喜びに感じ、日々診療しています。