一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会

理事紹介

石垣氏画像

副会長 石垣 泰則

 私が在宅医療をライフワークとして取り組むきっかけとなりましたのは、佐藤智先生との出会いがあったからに他なりません。「在宅医療を推進する医師の会」が「日本在宅医学会」に発展し、その第1回大会の講演における「在宅医療のサイエンスとアート(日野原重明先生)」と「在宅死患者の病理解剖所見に学ぶ(石河利隆先生)」は衝撃的でありました。在宅医療は診療の形態ではなく医学のフィールドの一つであることをそこで学ばせていただきました。

 私は神経内科医でありリハビリテーション医として静岡市に開業し、神経難病をはじめ脳血管障害、認知症などの患者の訪問診療を始めて20年近く経ちました。その経験の中で、家や家族そして地域そのものに治癒力が宿っていることを肌で感じております。「病気は家で治す」という佐藤智先生の教えは古から現代にいたる真理であります。私も「リハビリテーションの真髄は在宅に在り」と信じ、自らの日常診療に取り組んでおります。

 在宅支援診療所は在宅で医療を受けるすべての患者さんに対し、安心と信頼を提供するべき存在であると考えております。看取りもその延長上にあるものであり、それまでのプロセスが何よりも大切であります。これからも在宅療養支援診療所として、最後まで患者さんに寄り添える良質な医療を提供する医師として、そして実践する医療が学問に寄与できるよう努力してまいりたいと存じます。